2010年06月24日

運命の一戦の前に

みなさん、こんにちは。ワールドカップ、さすがにおもしろいですね。我がサムライジャパンも前評判を覆し頑張っていますね。初戦の監督の顔は、戦地に向かう指揮官のような非常に厳しい表情をしていて、大変印象的でした。オランダ戦も、大健闘してくれました。運命のデンマーク戦も、元気、勇気を南アフリカまで送りたいと思います。観戦していると、どの試合もだんだんと力が入ってしまい、どうしても寝不足になってしまいます。

ワールドカップが終わると、7月になり本格的な夏を迎えます。今年も例年のごとく特定健診が始まります。その前に、当院で企業の健診を行ったのですが、感じることがあったので記載してみたいと思います。

20歳代から40歳代の男女が来院され、健康診断を行ったのですが、女性に比べ、男性で何も異常がない方が非常に少数派で驚かされます。女性は、妊娠・出産などの機会に健康に対する認識が高まるのかもしれません。男性では、やはりメタボリック症候群関連が異常となるのですが、原因は、やはり労働時間が長く、運動不足となってしまうことが挙げられます。その点を指摘してもけむたがられる方が多いようです。最終的には、このあたりの男女の認識の差が、平均寿命の性差に反映されているような気がします。

働き盛りの男性の方には、やはり仕事に打ち込んで生存競争するのも大切な人生の一面だとは思いますが、もう少し広い視野で、運動や趣味を中心に健康についての認識を深めて、異常が指摘された方は、生活レベルの向上のため生活習慣のちょっとした改善をお勧めします。特にメタボリック症候群予備軍以上で結果が返ってきた方は、けむたがらず受診をお勧めします。



posted by きょうさん at 15:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。