2009年07月05日

特定健診の開始にあたり

 みなさん、こんにちは。沖縄の梅雨が明けて、関東の梅雨明けはもう2~3週間後あたりでしょうか。夏季休暇の予定を立てていることと思います。

 さて、当院でも府中市の特定健診が開始となりました。特定健診は、今年は2年目に当たり、内臓脂肪蓄積型の肥満の原因となる生活習慣を是正するのが目的です。その中心は、いうまでもなく食事療法と運動療法です。

 食事に関しては、やはり食事の内容と摂取時間の調節が重要だと思います。夕食を軽めにすること、糖尿病に対してだけではなく、脂質代謝異常に対しても、甘いものを摂取するのが一番悪影響を及ぼすと思います。

 もう一つは、やはり運動療法です。いうまでもない事だとは思うのですが、特に会社勤めの男性の方には、これが難しい方が多いと思います。そもそも20歳代のころと比べて、食生活が悪くなって肥満なるわけではありません。加齢に伴い基礎代謝量が低下するため、この内臓脂肪が蓄積しやすくなってしまう訳です。そのため、意図的に運動をしないと間に合わず、腹囲が増加してしまうのです。

 仕事を目一杯していると、平日仕事が終わってからこの運動不足を解消するのは、疲れてしまい容易ではない場合が多いと思います。そうなると他に現実的にできることは通勤の工夫、例えば自動車通勤よりかは電車通勤、エレベーターよりは階段を意識的に使用することなどでしょうか。このような細かいことを少なくとも1年間食事療法とともに積み重ねると内臓脂肪が蓄積しない方向へと変換が可能になると思います。言うまでもなく強い意志が重要です。またまめな体重測定などモチベーションを維持するには必要です。このあたりに自信のない方にはできるだけ協力しようと思いますので、クリニックまでご相談ください。


posted by きょうさん at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。